リュックサック

  • セール
  • translation missing: ja.products.product.regular_price ¥58,000
translation missing: ja.products.product.include_taxes

今シーズンからリスタートした

Casey-Hayford


porterとのコラボレーションバッグ


porterの定番のTANKERの中綿の量を増やしてサイズやディテールをモディファイしています。


ブランドプロフィール

1985年、ジョー ケイスリー ヘイフォードが自身の名を冠したブランド「ケイスリー ヘイフォード」を開始。


ケイスリー ヘイフォードについて


ケイスリー ヘイフォード(Casely-Hayford)はイギリスのファッションブランド。主にメンズウェアを展開。


コレクションのキーワードは「伝統のその先」。サヴィル・ロウのテーラリングなどイギリスの伝統と技術をベースとしつつ、ストリートウェアなどの要素を取り入れてた、モダンな解釈でデザイン。


ケイスリー ヘイフォードは、ブランドの設立の後、衣装デザインや数々のコラボレーションを展開。U2の「Zoo TV」ワールドツアーの衣装をはじめ、ミュージシャンの衣装、デレク・ジャーマンの映画「エドワード㈼」、ジョナサン・バロウのバレエ「Very」など映画、音楽、バレエ等さまざまな分野で活躍。タナー賞を受賞したアーティスト、クリス・オフィリとのコラボレーションで作成したTシャツはイギリス文化の中の黒人の存在を示したものとされ、話題を呼んだ。


ケイスリー ヘイフォードの沿革・歴史


創業者のジョー・ケイスリー ヘイフォードは1956年、イギリスのケント生まれ。サヴィル・ロウのテーラーで見習いからキャリアをスタート、その後、ロンドンのテーラー・アンド・カッター・アカデミーで学ぶ。


セントマーチンズに入学し79年に卒業、その後、インスティテュート・オブ・コンテンポラリー・アーツで美術史を学び。現在では、セントマーチンズで若手デザイナーの育成にも努めるている。


85年、自身のコレクションブランド「ジョー・ケイスリー・ヘイフォード」を開始。89年、「ブリティシュ・デザイナー・オブ・ザ・イヤー」にノミネート。 91年「フィフス・サークル」というイギリスのメンズウェアデザイナーから構成されるグループの一員としてロンドンコレクションにデビュー。96年にパリ・メンズコレクションに初参加。イギリスでもっとも活躍している黒人デザイナーの一人と評価された。


ジョー・ケイスリー ヘイフォードは、2005年、サヴィル・ロウで200年の歴史を持つ有名ブランド「ギーブス&ホークス」及びそのプレタポルテラインの「ギーブス」のクリエイティヴ・ディレクターに就任。2006-2007年秋冬には、同ブランドでパリ プレタポルテ・コレクションに参加するなどした。


2009年春夏コレクションより、子供のチャーリーとともに、ラグジュアリーなメンズウェアブランド「ケイスリー ヘイフォード(Casely-Hayford)」を立ち上げる。


2017年秋冬より、ウィメンズコレクションをスタートし、2017年1月にロンドンで発表。


2018年秋冬コレクションを最後に「ケイスリー ヘイフォード」のブランド活動休止。その後、2021年春夏コレクションよりブランド活動を再開した。



porter タンカー

タンカーシリーズの特徴が、光沢感のあるナイロンツイルと撥水性に富むナイロンタフタで中綿を挟んだ独特の生地。この複雑な構造によってMA-1的なボリュームとパッカリング感、さらには荷物を保護するクッション機能も持たせているのです。その生地の製造は国内でわずか1社のみが担っており、3種の柔らかな素材を接着するためにはその日の気温や湿度に合わせて微調整を行う必要があるのだとか。また、表面が滑りやすいうえに毛羽のある中綿で嵩高にしているため、縫製も至難の業。中綿がはみ出ないよう、各パーツの縁を仮縫いするなど通常のカバンの2倍近い縫製を経て仕上げられているのです。非常に職人泣かせの素材ではありますが、このような見えない手間こそがタンカーの品質に結びついています。

 

横36cm 縦42cm マチ最大14cm